中絶手術をする時に頼れるクリニック選び~安心中絶ガイドライン~

ナース

具体的な処置方法

看護師

2種類の方法が一般的

中絶手術の方法としては、基本的にソウハ法と呼ばれる方法と、吸引法の2種類で行なわれています。ソウハ法は、スプーン状になっている器具を用います。それに対して吸引法は吸引器具を子宮内に入れて手術する方法となっています。昔に比べると中絶手術で利用する機器の安全性や信頼性は高まっています。その為、どちらの方法でも安心して手術を受けることができるでしょう。現在国内ではこの2つの方法が広く行なわれています。

初期と中期の手術の違い

中絶の手術も、クリニックによって手術可能時期が異なります。母体の安全を第一として、妊娠12週以降は手術を受け付けていないクリニックもあります。12週以降の時期である中期中絶をするのであれば、しっかりとクリニックを選ぶ必要があります。初期中絶であれば、基本的に多くのクリニックで手術を受けることができるでしょう。初期中絶の場合であれば、安全に手術をすることができる為、手術時間も10分程度と言われています。また、手術当日も、術後数時間後には帰宅できるようになっています。手術後には不正出血や腰に痛みが出てくる場合もありますが、しばらくすると収まるでしょう。中期中絶になると、通常の出産と同じような分娩方法で胎児を取り出す必要があります。母体の身体に負担がかかり、リスクが高まるだけでなく、胎児の火葬や埋葬まで行なわなければなりません。死産証明書を提出する義務もあるので、手術をするのであれば12週までが良いということが分かります。

Copyright© 2016 中絶手術をする時に頼れるクリニック選び~安心中絶ガイドライン~ All Rights Reserved.